« 2019年3月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年8月

2020年8月28日 (金)

ウイルスは目に見えない『粒子』です。

ウイルスの感染する条件で必須なことといえば、ウイルスが存在することです。

ウイルスが存在していなければ、ウイルスの感染は起こりません。

しかし、問題はそのウイルスが存在しているかどうかが目に見えないのでわからない、ということが難点であり、過剰な畏れや対策に走ってしまうことにつながります。  

ウイルスは目に見えないし、小さすぎてちょっとした気流に乗って飛んでしまいそうな大きさの『粒子』です。

おそらく単独で散らばっているのではなく、感染者の分泌物などに混じて飛沫になって散らばると考えられます。

それらの飛沫も目に見えないくらい小さな粒子になることが多いです。

粘稠性の分泌飛沫は、飛び散って周囲にあったものに付着すると、たいてい固着します。べったり貼りついた状態で固着するわけです。

そして固着した箇所に接触するものに再付着して拡散が開始されます。

よって、モノに付着する目に見えないウイルスを含む泌物粒子をこまめに除去すること(物理的除去)が最も感染予防に寄与します。

重要なのはその方法を最適化することです。

 

固着した分泌物は乾式除去方法(履く、乾拭きする、など)では除去できません。また、湿式除去方法でも、さっと拭くくらいでは除去できません。テーブルを拭く際に目に見えるこびりつきがどのように取れにくいかを体感してみることです。小さいこびりつきも要するに同じように取れにくいとイメージしつつふき取ることが必要です。

また、拭き掃除や掃き掃除は拭いたり履いたりを一方向性にしていくことが大切です。また、乾式では舞い上げ防止は必須の注意点です。

テーブルの拭き掃除のポイントを示しておきます。

Fukitori1s

 

« 2019年3月 | トップページ | 2020年11月 »

フォト
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック